始めに・・・

最近スマホのカメラもキレイに撮影できるようになって久しいですが、やはりデジカメの画質の方が好きな筆者はデジカメで撮影してWi-Fi経由でスマホに画像データを転送して、スマホからクラウドへアップロードして使用しています。
しかしながら、Wi-Fi経由だと接続に戸惑ったりRAWデータのファイルサイズが大きいこともあって100枚程度の写真を転送するのに20分〜30分位掛かってしまいストレスを感じていました。
どうにか高速転送できないものか、色々調べてみると TransferJet にたどり着きました。
今回は、TransferJet 対応商品を購入してみました。

TransferJet(トランスファージェット)とは

TranferJetは「近接無線転送」技術の名称で、Wi-Fiとは異なる無線技術に対応させることができる規格で元々はソニーが基本コンセプトを提案して標準化したものだが現在は東芝から発売されている対応機器のみ購入可能。

デジカメ本体にTrasferJet対応SDメモリカードを挿し込むとともに、写真データを受信するデバイス側にもレシーバー(受信機)を外付けして使います。
特徴としては、転送速度が560Mbps(最大)/実効レート 375Mbps(最大)とWi-Fiに比べて圧倒的なスピードを誇ります。

購入可能な機器

デジカメからスマホに対して使用する場合に必要なものは以下の商品です。

まずは、SDカードタイプのTransferJet対応カードです。転送するので16GBもあれば必要十分です。

スマホがiPhoneの場合はこちら

Android場合はこちら

Androidスマホの場合最近はUSB-Cになってきているので変換アダプターが更に必要になります。

安定のANKERなら安心です。

最後に・・・

商品を注文したので到着次第早速試してみようと思っています。
使おうと思っているデジカメはコチラです。

スポンサードリンク