始めに・・・

日本では限りなく使用している人が少ないであろうChromeBookですが、ASUSとAcerが個人向けに発売してくれているのはご存知でしょうか?
筆者はPixelbookを愛用していますが、たまにLTEが内蔵されていたらと思うことがあるのですがAcerから教育機関向けにSIMフリー Chromebook 11を今春発売するようです。

Acer Chromebook 11 LTE

NTTドコモLTE回線環境で高速通信を可能にするAcer Chromebook 11 LTEを今春投入

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、現在開発中のLTE通信モジュールを内蔵した11.6型 Acer Chromebook 11 LTEを、教育機関をメインターゲットとし今春発売する予定です。

製品の特徴としては、教育機関向けの端末なので122cmの高さから落としても安心なMILスペックのタフボディで、校内にWi-Fi環境を構築せずとも使用可能にするLTE内蔵、生徒の持ち運びに最適な11.6型 インテル® CeleronⓇ プロセッサー搭載の軽量モデル、動作音を無くしたファンレス設計、画面を最大180°開けるフラットスタイルは画面共有に最適、丸1日の授業でも安心して使える最長12時間駆動バッテリーが特徴のようです。

スペック的にはそこまでの高性能機ではありませんが、Chrome OSであれば必要十分なスペックであると思います。
アメリカなどではChromeBookはそれなりに評価されているのですが、周りでは自分以外に使っている人を見たことがありません。
2018年は日本でも普及していくと思いますので、試しに1台サブ機で購入してみて使い勝手を確かめて見て判断してくれれば気に入ること間違いないだと思います。

最後に・・・

いま購入するならこのあたりが良さそうです。
2万円台から購入可能なのでとりあえずチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク