先日筆者はB&O(バングアンドオルフセン)のA1を購入しました。
そもそも購入の経緯としては、携帯できるスピーカーがほしかったためなのですが到着した商品を見ると、想像していたサイズより二回りほど大きかったんです。
ちゃんとサイズくらい確認してから購入しろと、声が聞こえてきそうですが買ってしまった以上使おうと心に決めて2週間くらい使ってきましたが、なかなかどうしてこれは結構良いかもと思えるようになってきました。

何が良いのかというと、お値段がそれなりにするだけあって質感がかなり高いのです。
箱を開封した時点で、製品としてのクオリティの高さにアップル製品に通ずるものを感じてしまいました。
本体はしっかりとした重量でシンプルな本体です。

本体の回りを見ても、出っ張りは一切なくおしゃれな紐のみとなっています。

ボリュームと電源ボタンも刻印されているだけで書いてなければここがボタンと気がつかないレベルです。

結局大きすぎたので、外用は比較のスピーカーを買い直したのですが、比べてみて明らかに質感はバングアンドオルフセンの方が圧倒的に上です。
同じ曲を聴き比べて見たのですが、バングアンドオルフセンの方が音の解像感が上で、中高音がしっとり滑らかに聞こえます。
久しぶりにモノラルスピーカーでこれだけしっかりとした製品をみたので今では壁からぶら下げて部屋で使っています。
一応マイクもついているので、ハンズフリーで通話が可能になりました。
なにげにこれが地味に便利だったりします。
部屋を移動するときにはスピーカーごと移動しているので、今では自宅内ではスマホとスピーカーがセットになっています。
気になる方は一個購入してみても良いかと思います。
これならアウトドアには持っていくことが可能です。

スポンサードリンク