初めに・・・

RICOH GRの電源が入ったり入らなかったりしたときから数ヶ月が過ぎやっとこれからの相棒が見つかって、迷いに迷った結果、購入に至ったLEICA Q がようやく自宅へ到着しました。
まずは、この気持ちを忘れることの無いように開封を行ってみたいと思います。
LEICA Qは2015年6月20日(土)に発売したので約2年半位経過しているので散々開封され尽くしているのですが、筆者としては今日が初めてなのでお付き合いいただけると幸いです。

LEICA Q 開封の儀

今回はヨドバシカメラ.comで購入しました。
誠に残念ながら到着期日に間に合わず翌日の到着となりました。

早速箱を開けると、さすがヨドの梱包は極めてキレイに梱包されています。
カメラは精密機器なのでこの梱包は安心感があります。

クッションを全て取り除いた状態がこちらです。
右側に寄せてありました。

取り出した箱がこちらです。
いかにもLEICAといった風格ある箱です。

早速化粧箱を開けると黒いケースが出てきました。

ペロッと開くと、またケースが現れました。
ここまで3回ケース開けていますが、中々じらす作戦みたいですね。

3個目の箱を開くとそこには、やっとLEICA Qの本体がお目見えしました。
レンズフードはプラで無く金属で出来ているのでクオリティが高いです。

この黒いケースは下に2段引き出しがついていたので、2段目を開けてみると電源ケーブル、バッテリーー等が袋に詰められていました。

三段目には説明書や保証書などが入っています。

めでたく開封したLEICA Qです。
こちらは正面ですが、フルサイズとは思えないレンズの大きさです。
非常に小さいですね。

とりあえず初期設定だけ行おうと思い電源入れたらこれですよ!
カッコいい!

言語設定と、時刻を設定しておきました。

最後に・・・

まだ、全然撮影していませんが過去にLEICA を所有していたので撮影が楽しみでなりません。
今月29日に天気が良ければ使用してみようと思っています。

スポンサードリンク