筆者は、弐瓶 勉の作品がの世界観が非常に好きで、コレまで単行本も全て持っています。
そんな中5月20日より弐瓶 勉の初めての長期連載マンガであるBLAME!(ブラム)が公開されたので、早速ネットフィリックスで観てみました。

「BLAME!(ブラム)」公式サイト

「BLAME!(ブラム)」2017 生き延びろー。世界中のクリエイターやSFファンを虜にした伝説のコミック、待望の劇場アニメ化ー

予告編の動画を見たときから非常に期待出来る内容となっていました。
映像の制作は、シドニアの騎士でおなじみのポリゴンピクチュアズがフル3DCGにて映像化しているので非常にキレイな画質でした。

一通り見終わって思ったのが、もう一度マンガを全部読み直したくなりました。
最後に見たのが結構前だったので、色々忘れていることが多かったので、一度読み直しをしてからもう一度見てみたい作品でした。

劇場版「BLAME!」 弐瓶勉描きおろし設定資料集
価格:
講談社(2017-05-22)
売り上げランキング:
新装版 BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)
価格:
講談社(2015-04-23)
売り上げランキング:
新装版 BLAME!(2) (アフタヌーンコミックス)
価格:
講談社(2015-04-23)
売り上げランキング: 32

まだ読んだことがない方は、とりあえず一巻は無料となっているので読んでみることをお薦めします。

スポンサードリンク