始めに・・・

オンキョーから発売されたグランビートDP-CMX1で毎日筆者は音楽を聴いています。
正直自宅でも、イヤホンの方がボリュームを上げられることもあるのでスピーカーから出力しないでもっぱらイヤホンで聴いていたりします。
そんな中、やはり良い音を聴くためには最終的に良い録音データ(音源)でなければ、せっかくのプレイヤーもその性能を発揮できないことを痛感しています。
CD等から作成されたFLACファイルでは、音はキレイに聞こえますが空間感などが再現されにくい傾向にあると感じます。
そこで、本日は筆者が実際に購入して聴いてみて間違いが無かった音源を紹介したいと思います。

 

間違いなくお薦め出来る音源ベスト5

お薦め①

null

null

Utada Hikaru Single Collection Vol.1[2014 Remastered]

筆者の中で万人の方に間違いなくお薦め出来るのが、宇多田ヒカルのUtada Hikaru Single Collection Vol.1[2014 Remastered]です。
デビューから2008年にリリースした“Prisoner Of Love”までのすべてのシングル曲を網羅したこのアルバムは誰もがしる曲ばかりだと思います。
筆者も人に聴いて貰うときはこの曲を聴いて貰っています。
ハイレゾの音のすごさが実感出来る音源だと思います。

お薦め②

null

null

DEARS

お薦め③

null

null

TEARS

2001年のデビュー曲「STARS」から加藤ミリヤとのコラボで話題となった最新シングル「Fighter/Gift」までこれまでのシングル40タイトルを全収録した強力なアイテムが登場!本ベスト盤では、“二つの涙”をテーマに【DEARS】盤と【TEARS】盤に分け、“明日のために流す涙”盤の【DEARS】、“誰かを想って流す涙”盤の【TEARS】としてそれぞれ20曲ずつを収録!

お薦め④

null

null

Natsukashii
『ジャズ批評』ジャズオーディオ・ディスク大賞2011 金賞(メロディ部門)受賞作品!
日本人の琴線に触れる情緒溢れるノスタルジックなメロディーは、涙を誘う、といっても過言ではないほどに美しく、また一音一音が大切に演奏されています。24bit/192kHzではヘルゲのピアニストとしての素晴らしいタッチ、打鍵のニュアンスまでもはっきりと聴きとっていただけます。凄まじいほどのピアニストとしての力量とあわせ、その作曲能力とセンスにも驚くばかり。

お薦め⑤

null

null

Cello Bouquet (チェロ ブーケ)

筆者が購入した音源はDSD5.6MHzのものになりますが、とにかくチェロの魅力を最大限引き出す溝口さんならではの繊細で叙情的な音楽が展開されています。

最後に・・・

完成された音源で聴く世界はこんなにも素晴らしい事をDP-CMX1で教えて貰いました。
またまた良い音源が見つかったら紹介したいと思います。

スポンサードリンク