筆者が待ち望んでいた​Android Wear スマートウォッチ「M600」の Android Wear 2.0 アップデートを 3 月 30 日に開始したとPolar の北米法人が発表しました。M600 は昨年12月国内で発売され、ファームウェアは古い Android Wear 1.5 を搭載しています。
Android Wear 2.0 では OS バージョンが Android Marshmallow から Android Nougat にバージョンアップし、変更点としてはこれまでに公表されていたようにUI 全体のリニューアルし、スマートフォン単体でのアプリの実行や Google Play ストア、Google アシスタントをサポートしています。
Polar M600の追加機能としてスイムが追加されています。
Android2.0の配信は30日より開始されており翌週には全端末に行き渡るとしています。

スポンサードリンク