スマホのステータスバーには、実に色々な情報が表示されると思いますがこの度Energy Barというステータス・バーをバッテリーインジケーターに変えてしまうアプリをインストールしてみました。

Energy Bar – Android Apps on Google Play

Adds a configurable Energy Bar at the top of your screen indicating current Battery level. And just when you think, such a simple battery bar can display such a crucial information, try plugging in your charger – you’ll be amazed by the details of the animation you’ll see.

Play Storeよりアプリのインストールを行うと、あっという間にインストールが完了します。
早速起動させると、こんな画面が表示されます。


画面右上がエネルギーバーを有効にするかどうかのスイッチになっています。

BAR TYPEは、ノーマルバーは太さを変更することができ、ステータスバーを選ぶと文字通りステータスバーがバッテリーインジケーターに変更されます。
BACKGROUNDのチェックは、文字通りバックグラウンドでこのアプリを動かすかを決めることが出来ます。
ORIGIN OF THE BARは左寄せ、センタリング、右寄せを選べます。

COLOR CONFIGURATIONはセグメントは表示されている画像のようにバッテリーの残量に応じて色を変更することが出来ます。
GRADIENTは下の画像のように2色の色を指定して、バッテリー残量がグラデーションします。

アプリの容量も小さく、導入してもバッテリーの減り方も特に変わることがないので、筆者としてはお薦めのアプリとなります。
良かったら使って見て下さい。

スポンサードリンク