始めに・・・

ジテ通を最近初めて思ったのが、信号待ちや上っているときに音楽が無いのが寂しいと感じました。
しかし、道交法が改正されてから、通常のイヤホンなどを装着して走る事は出来なくなったため何か無いかなぁ~と、探していたところに出会ったのが、AfterShokz TREKZ TITANIUMという骨伝導タイプのイヤホンでした。

AfterShokz

Bluetooth型の骨伝導イヤホンは筆者は初めての経験でしたが、これまでより良くなっているだろうと信じて今回購入に踏み切ってみました。

AfterShokz TREKZ TITANIUM開封

まずは、パッケージをチェックしましょう。
購入した色は、Ivy Greenになります。

 

ちゃんと、テープを剥がす場所まで示してくれるこの良心的なパッケージは好感を抱きます。

外箱が開きました。
いよいよ商品とご対面です。

箱の中身はこんな感じです。

付属品も含めて全部出してみました。
耳栓が入っていましたが最初は何に使うか謎でした。
どうやら、耳栓を付けると低音がよくなるみたいです。

早速ペアリングだ!

ペアリング作業はこれまでBluetoothイヤホンを使ったことがある人であればすこぶる簡単です。
電源ボタンを長押しするとペアリングモードになるので、後は、スマホでdeviceの検索をするだけです。

この様にサクッとペアリング完了しました。

実際の使用感については、通勤で使用してからレビューしたいと思います。

【日本正規代理店品】AfterShokz TREKZ TITANIUM Ivy Green AS600IG
価格:
AfterShokz(2016-02-26)
売り上げランキング: 7024

スポンサードリンク