アスクより、中国Shenzhen Arashi Visionが製造しているInsta360を日本国内で3月上旬に発売すると発表されました。
接続端子はマイクロUSB、USB Type-C接続が可能な2種類のモデルがあり価格は2万円前半になるそうです。
これまで、iPhoneでは、同様な製品がありましたがAndroidに対応するモデルとしては、筆者は記憶にございません。
非常に小型、軽量に出来ているので持ち運びに不便する事も無く、楽しい動画撮影、写真撮影が気軽に楽しめそうです。

筐体の前後に魚眼レンズを搭載し、レンズの明るさはF値2.4と比較的明るいレンズです。
撮影可能なサイズは3,040×1,520ドットの静止画と、2,560×1,280ドットの動画撮影が可能の用です。
一部のスマホでは3,008×1,504ドットでの動画撮影が可能になるようです。
動画のフレームレートは30fpsで固定されているみたいです。
また、専用アプリを使いFacebookやYouTubeなどのSNSに投稿でき、YouTubeと連携させて360度動画のライブストリーミング配信も可能。
PCと接続し、Webカメラとして使うことも可能。

バッテリーなどは搭載されず、スマホからの給電で動作するためカメラ本体の充電などは不要で、持ち運びの際に利用できる専用ケースも付属する。
以下ソース元の公式ページになります。

Insta360 Air – Insta360 official site, the leader in 360 degree camera industry

実際に商品が発売されたら購入を検討してみたいと思います。

スポンサードリンク