始めに・・・

1月28日からAPlay NA1を使用し始めてから毎日使用しています。
使用し始めてから、筆者の周りにいる方々にクロージングをした結果現在3名の方が購入してくれました。
最初は、あんまり興味がなさそうなところから始まるのですが、商品の説明をして実際に音声ガイダンスを聴かせたりして筆者の目の前で、ビックカメラやAmazonでポチッとして貰っています。
本日は、購入してくれた方の購入経緯を綴ってみました。

一人目の購入者

購入日:1月29日
購入場所:仕事の休憩所
購入トーク
昼休みに休憩が重なり向かいに座っていた方に、ヒアラブルって知っていますか?
というところから話しがスタートしました。
ご本人はヒアラブルという言葉はご存じなくウエアラブルの次はヒアラブルが来るんですよと、ヒアラブルがどの様な物なのか説明をして差し上げました。
因みにイヤフォンは何を使っているのかを聞いたところ、オーディオテクニカのBluetoothイヤフォンを使っていました。(購入3ヶ月くらい)
今使っているイヤフォンと何が違うのかと簡単に説明し、LINEの通知を読み上げてくれて更に声で返信も可能なこととミュージックを聴いているときにアーティスト名と曲名も教えてくれるしTwitterのツイートも読み上げてくれることを教え、実際に筆者のイヤフォンを聴かせたとこと、日本語のなめらかさと音声の聞き取りやすさに驚いていました。
すかさず値段がいくらなのか聞かれたので、連続再生が8時間の物が1万円で、6時間の物が7千円と言うことを伝えて我々はイノベーターには商品が作れるわけでは無いのでなれないけど、アーリーアダプターには他の人よりも早く購入すればなれる事を伝えて、一緒に普及する前に使い始めましょうと購入を勧めました。
迷っていたみたいなので、すかさず製造企業の話しをし、クラウドファンディングで目標金額の182%集めて製品化された話しをしてこの企業の製品はAPlay NA1しかないベンチャー企業の商品と言うことを伝えて、大手企業のような作って、致命的なエラーが無い限りはファームウェアのアップデートが無いようなことは無く、製品を開発した思いや商品に注ぐ熱量の話しを伝えてリアルタイムで製品が成長する過程を一緒に楽しみましょうと、再度購入を促したところビックカメラから購入してくれました。
購入した商品はこちらです。

因みに、購入当日は商品を早く受け取りたくて急いで自宅に帰って行きました。
スポンサードリンク