始めに・・・

昨日初期設定を行ったAPLAY NA1を1日使用してみました。
まだ、初日なので細かいところには届いていませんが、最初のインスピレーション的なレビューを行いたいと思います。

初期設定完了後のAPLAYアプリ

APlayPlay icon APlay

制作:

 

価格: 無料
平均評価: 4.0(合計 6 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

 

①初期設定が終わったAPLAYアプリを起動させると、出てくる画面になります。
通知バーに表示された情報の履歴一覧みたいな物になります。

②左上のタブをタップするとメニューが表示されるので、アシスタントサービスをタップすると出てくる画面になります。
アプリの通知読み上げと、バッテリ残量の読み上げる通知間隔の変更と、時報の通知間隔の変更とスケジュールの通知間隔の変更などが出来ます。

③読み上げアプリ選択を選ぶと、インストールされているアプリの一覧が出てくるので、通知をするかしないかを選択出来ます。
現在は、初期状態のため一括で全て選択をしています。
ここから設定を煮詰めていきます。

④APLAYアプリの設定画面です。
スタートアップ
APLAYアプリとNA1が接続された時に未読情報を読み上げるか変更可能です。
音声エンジンは、ONで使った方が流暢な日本語が楽しめます。
再生速度は特にいじらず使用しています。
ユーザー辞書は読み上げる単語と読みを登録すれば、登録したとおりに読み上げてくれます。
メッセージ返信設定は、LINEやハングアウトなどのメッセージアプリの読み上げ後返信する際の待ち時間になります。
こちらは現在10秒に設定してあります。

今日一日のまとめ

使用して初日の感想ですが、日本語読み上げが非常にナチュラルに感じます。
国産のHOYAが開発したVoiceTextが使われているそうです。
VoiceTextホーム | HOYA音声合成ソフトウェア

AppleのsiriやGoogle Assistantの日本語よりも自然な感じがとても良いと思います。
また、PLAYMusic再生中にAAAの曲紹介時に、エーエーエーとは読まずトリプルエーと読み上げが行われたときには、おぉ!と思いました。
Eメールの差出人などの日本語のローマ字などもアルファベット読みではなくローマ字読みをしてくれたのも好感が持てます。
引き続き使用を重ねて、色々試していきたいと思っています。

スポンサードリンク