昨日の事ですが、急に思い立ちASUSのZenPad3LTEモデルを衝動買いいたしました。
丁度自宅に1枚simカードが余っていたので、何かよい端末があれば使いたいなぁ~と、思っていたときに近くにZenPad3を使っている人がいたので、触らせて貰ったところヌルサクで動いていたため、一気に気になる存在となってしまいました。
筆者としてタブレットに求めることは、次の通りとなります。

①通話が可能なこと!
②キーボードとマウスが使える事!
③最低限カクツカ無いこと!

以上が最低の条件となります。

そうして、選ばれてしまったタブレットが、今回衝動買いしたASUSのZenPad3になります。
大抵のタブレットは、Wi-Fiのみとなっていますが、やはりLTEが使える方が何かと使い勝手は良いですね。
スマホの画面じゃ足りない時に重宝します。

それでは、早速開封していきます。

箱を開くといきなり本体とご対面でした。
パッケージの質感は普通です。
先日購入したKodak EKTRAの方が雰囲気がありました。
まぁ値段が安いのでそこは仕方ないのでしょうね。

なんとも味気ないパッケージングです。

箱の中に入っていた物は、本体とアダプタとUSBケーブルと説明書です。

早速電源入れていきます。

ようこそ!

が来ました。

Androidにはある意味おきまりの最初のアップデートが来ていました。

本体左側面にSIMスロットとmicroSDスロットがありました。
SIMスロットを良く確認すると・・・
なんと、今時nanoSIMではなく、microSIMスロットになっていました。
筆者が入れようとしていたSIMカードはnanoSIMなのでSIMアダプターが必要になりました。
本日は、ここで中断です。

現時点で、amazonで以下の商品を購入しました。

続きは明日ですね。
スポンサードリンク