始めに・・・

先日購入したコダックエクトラですが、言語環境に日本語が入っていませんでした。
まぁ、日本での発売が想定されていないので当たり前ですが、このままだとイマイチ使いづらいので、MoreLocale 2を使ってロケールの日本語化をしてみました。

素のAndroidには日本語が含まれているのですが、通常は日本語設定があります。今回のコダック エクトラは日本で発売される予定は全く無いため、日本語が選べない状態でした。
英語表記だとPlay Storeも英語なのでなんか見慣れなく使いにくいです。

MoreLocale 2で日本語化

MoreLocale 2Play icon MoreLocale 2

制作:

 

価格: 無料
平均評価: 4.4(合計 39,495 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

アプリを起動して、日本語のロケールを選んで完了かと思いきや、権限がないため出来ないだと!
どうやらADBコマンドを使ってパーミッションを付与しないとイケないみたいです。

ADBコマンドを使用するための準備

Java SE – Downloads | Oracle Technology Network | Oracle

まずは上記ページからJDKをダウンロード・インストールします。

JDKと書かれたものをダウンロードします。
自分のOSに合ったものをダウンロードしましょう。
インストールするのは「開発ツール」だけでいいので他の2つはインストールしないように設定。
あとは画面の指示に従ってインストールを完了します。

Android Studio と SDK ツールをダウンロードする | Android Studio

上記サイトからAndroid Studioをダウンロード&インストールして下さい。
※【重要】途中、インストールする場所を設定しますが、このアドレスが重要になるので、インストール場所のパスはメモしておいて下さい。

SDK Managerで設定

インストールしたAndroid StudioからSDK Managerを起動させる。
チェックは、【Android SDK Platform-tools】と【Google USB Driver】にチェックを入れて、右下のインストールをクリック

パスを通す

①Windowsロゴマークを右クリックし、システムを起動させる。
②システムの詳細設定
③環境変数
④システム環境変数のPathという項目を選択し、「編集」をクリック
⑤環境変数名を編集から「新規」をクリック
⑥「Android SDKをインストールした場所」に「\platform-tools」を付け足してOKをクリック
⑦スマホの設定→開発者オプションから「USBデバッグ」をオンにします。
⑧コマンドプロントを起動
⑨【adb shell pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION】入力
⑩これで『MoreLocale 2』に戻って再び「Japanese」をタップすれば日本語化されます。

最後に・・・

コダックエクトラで撮影してみた。
なんか、光が優しい感じがします。
色々試している状態ですが、楽しめそうです。
スポンサードリンク