img_20161202_2257385

始めに・・・

写真を印刷するに当たって何が重要なのかというと・・・
画質に拘るのであればプリンタも重要だし、インクは純正インクは絶対だし、用紙にも拘らなければなりません。
当然モニターにも拘り、当然キャリブレーションも行わないとなりません。
こういったことは、またの機会に話すとして今日は用紙を購入したのでご紹介したいと思います。

ピクトリコ ピクトリコプロ・フォトキャンバスペーパー

今日はなんとなくヨドバシカメラを歩いていたところ、ふと見るとピクトリコ ピクトリコプロ・フォトキャンバスペーパー のA2が陳列されているのを見つけてしまい、その作例に惚れて購入してしまいました。
GANREF作例のページはコチラ

紙質がキャンバスのような感じで、高画質で撮影した写真をプリントして額に入れて飾りたいと思わせてくれました。
メーカー説明によると、キャンバス調+光沢を持っており、絵画のような高品質出力を実現、印画紙ベースで、重厚かつ柔らかでしなやかな風合い、高濃度・豊かな階調表現と速乾性
とメーカーサイトにあります。

img_20161202_2258178

img_20161202_2258279

本日購入したのは、コチラです。

ピクトリコプロ・フォトキャンバスペーパーのラインナップですA2、A3+、A4全ての種類を購入しました。
特にA2サイズが売っていないので、コレはラッキーな出会いでした。
後日印刷をしたときは、ご紹介したいと思います。

Kodak プレミアムフォトペーパー

img_20161202_2300150

コダックのフォトペーパーはこれから到着する予定のKodak EKTRA様の写真用紙になります。
通常は、使用しているメーカーの用紙を使うと思いますが、コダックのスマホで撮影した写真はコダックの用紙で印刷がしたいのです。
しかも、何気にプリンターメーカー純正の用紙よりも安いのでコレで画質が良ければ継続して使っていきたい物です。
公式の説明は、アメリカ・ニューヨーク州ロチェスターでジョージ・イーストマンにより創業されたコダック。
写真を愛する人々に長年親しまれてきたコダックの写真の世界をご家庭のインクジェットプリンターでお楽しみいただける写真用紙です。
コチラの用紙も早く印刷するのが楽しみです。

スポンサードリンク