2016年5月21日から電気通信事業法等の一部を改正する法律が施行された内容を今更ではありますが確認しました。
筆者は、海外SIMフリー端末をこよなく愛しているため、俗に言う技適に適合しているかいないかの話題には敏感です。
丁度総務省のHPを確認したところ、わかりやすいスライドがあったので、コチラをご覧下さい。

スライドを確認すると7ページに【(1)海外から持ち込まれる無線設備の利用に関する規定の整備 】にこれまでの条件から緩和された。

どこがどの様に緩和されたのかは、スライド11ページ12ページを確認して欲しい。
同時にWi-FiとBluetoothに関しても緩和されたみたいです。

スライドの内容を確認した限りのスマホやWi-Fi関係の緩和内容はこんな感じでした。

2016年5月20日まで 2016年5月21日以降
WiFi/Bluetooth 電源オンにした瞬間に法律違反 入国後90日間はOK
スマホ等の携帯電話用電波 SIMを入れて使ったら法律違反 技適マークが無くても、FCC/CEマーク等があれば利用可能
国際ローミングであればOK

 

2020年の東京オリンピックがなかったらこの様な改正は絶対に行われなかったと思うと、東京オリンピック開催ありがとうございます。
と、素直に思えました。

スポンサードリンク