始めに・・・

3回目を迎えたプリンタのお話しですが、今回はインクジェットプリンタの主戦場とも言えるA4複合機のお話しをしたいと思います。
各メーカーが台数が出るため一番力を入れているカテゴリになります。

キヤノンのA4複合機

キヤノンのA4複合機は、これまでのMG型番からTS型番へ変更になりました。

2017年 TS9030 TS8030 TS6030 TS5030 MG3630
2016年 MG7730・MG6930 MG5730

昨年モデルと、機種の格付けを比べるとこの様な形になります。
印刷に係わるスペックについては、使用インク、出力解像度に変更はありません。
L版印刷コストが、TS9030とTS8030については0.1円2017年モデルが上がっています。
よって2017年モデルの変更箇所は、外観のデザインと昨年モデルまで、全面給紙のみだったものが、2017年モデルでは、背面給紙と全面給紙(1段)に変わった事になります。(TS5030のみ全面給紙無し)

Canonキヤノン プリンター インクジェット複合機 TS9030 WH ホワイト
キヤノン(2016-09-24)
売り上げランキング: 3166
Canonプリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG7730 WH ホワイト
キヤノン(2015-09-03)
売り上げランキング: 302
Canonプリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG7530 WH ホワイト
キヤノン(2014-09-04)
売り上げランキング: 11804

正直にお話ししますと、外観のデザインを気にしない事と、厚紙や名刺印刷をされないのであれば、MG7730が売っている場合はお薦めはMG7730になります。
正直インクの質を考えると、2年前のモデルのMG7530の方が良い物になっています。
気になる方は、コチラで確認して下さい。

エプソンのA4複合機

エプソンに関しても2017年モデルで、EP879とEP30VAが発売されました。
その他の機種に置いては、基本的にマイナーチェンジにとどまっています。

こちらは、インクの型番がEP808の時は、80Lインクだったものが、EP879へモデルチェンジがされたタイミングで、クマノミインクへ変更になっています。
印刷コストなどの変更はないためインクタンクの形状変更にとどまっています。
エプソンもキヤノンと同様で、印刷に係わる機能については変更ありません。
コチラも外観の変更がメインのようですが、今回のサイズを小さくしたことで、コンパクトフラッシュが遂に外されました。
エプソンのプリンタを主に写真で使用される方については、2017年はEP30VAがお薦めになります。
理由としては、コンシューマ機としてエプソンのインクが一番安いことと、当然印刷コストも約半額に近いからになります。

EPSONインクカートリッジ YTH-6CL 6色セット
エプソン(2015-10-22)
売り上げランキング: 881
EPSON純正インクカートリッジ KUI-6CL-L 6色セット 増量タイプ
エプソン(2016-10-13)
売り上げランキング: 1407

色々書いてしまいましたが、購入する際に何を印刷したいのか?
どれくらい印刷するのか?

以上2点は考えてから購入した方が良いです。

スポンサードリンク