始めに・・・

筆者は、たまに家電量販店のケータイ売場や、ケータイキャリアショップに少なくとも5年位はお世話になっていません。
しかし、通りがてら見かけると、今でもキャリアショップや家電量販店で購入している人たちが沢山いることに驚いています。
筆者のイメージだと、キャリアショップや家電量販店で契約をしようとすると、以上に長い契約時間と、後で解約しても構わないと言われる不必要なオプションサービスの付帯を勧めれるイメージです。
別に格安SIMの話しをするつもりは全くありません。
あくまで、スマホ本体を購入するのに、ドコモやauやソフトバンク系で契約するする意味があるのだろうか?
と、思っています。
みんなに大人気のiPhoneにしても、後々中古端末を売るにしてもSIMロックのかかったスマホよりSIMフリースマホの方が査定が高いし、Androidの場合は、キャリアの不必要なアプリがインストールされている端末よりも、セキュリティパッチが素早く適用されるBlackBerryやPixelなどの端末の方が、安心、安全に使えると思います。
また、最近は、ミドルレンジをメインで発売してきたSIMフリーのAndroid端末も、moto ZなどハイエンドのSIMフリーAndroidも増えてきているので、ますますキャリアショップで購入することが不思議に思ってしまいます。
そこで、今回は2016年10月現在SIMフリー端末の購入を検討している方に向けて、筆者のおすすめベスト3を発表させていただきます。

Android編

モトローラ スマートフォン Moto Z 64GB ブラック 国内正規代理店  AP3786AE7J4
価格:
Motorola(モトローラ)(2016-10-30)
売り上げランキング: 80640
モトローラ スマートフォン Moto Z 64GB ブラック 国内正規代理店  AP3786AE7J4
モトローラ スマートフォン Moto Z 64GB ブラック 国内正規代理店  AP3786AE7J4
モトローラ スマートフォン Moto Z 64GB ブラック 国内正規代理店  AP3786AE7J4
モトローラ スマートフォン Moto Z 64GB ブラック 国内正規代理店  AP3786AE7J4

最後に・・・

今回のおすすめした機種は全てデュアルスタンバイ対応している機種になります。
理由は、キャリアSIMで通話し放題プランでSIMカード1枚入れて、格安simで2枚目のsimを入れれば、便利に使えるからです。
海外では、デュアルスタンバイはある意味当たり前になっているので、使える端末を選びました。
当然国内のキャリアが発売している端末にはデュアルスタンバイのスマホはありません。
今後は増えていくと思われますので、この機会に買い換えを検討されている方は、デュアルスタンバイの機種を候補に入れて見て下さい。
iPhoneを検討している方は、黙ったiPhoneを購入するしかありませんので、apple STOREで購入して下さい。
スポンサードリンク