始めに・・・

google-allo-logo-930x465

皆さんメッセージアプリは何を使っていますか?
筆者が現在利用中のメッセージングアプリは、BBM(Blackberry Messenger)とFacebook MessengerとEメールとSMSになります。趣味仲間とのみ本当にわずかですが、LINEも一応使っています。
だけど、正直色んなサービス使い分けるの面倒なんですよね。
そこで、googleがハングアウトの教訓から新しいメッセージアプリを発表してくれました。
一体どんなアプリなのかご紹介します。
※9月22日現在ダウンロードはまだ出来ません。



Google Alloとは・・・

Googleは米国時間9月20日、新メッセージアプリ「Google Allo」(Android/iOS)の提供を開始したと発表しました。この数日内に順次ダウンロードできるようになる見通しです。

google-allo-1

Alloでは文字や絵文字、ステッカー(スタンプ)、写真の送受信、写真への落書き、テキストサイズの変更といった最近のメッセージアプリで人気の特徴を取り入れつつ、Google独自の機能を搭載している点がサービスの大きな特徴となっています。【スマートリプライ】と【Googleアシスタント】統合がそれです。



スマートリプライとGoogleアシスタント

smartreply

スマートリプライとは、相手が送ってきたメッセージ(文字、写真)に対する短い返信候補を自動的に生成してくれる機能です。
返信文の候補をタップれば、文字入力なしで返事ができてしまいます。
自動生成される返信文はユーザーの行動次第で調整されていく仕組みです。

google-allo-3

Googleアシスタントは、いわば自分用の執事として使える会話形のAIです。
このGoogleアシスタントにAlloが統合されており、チャット内で会話を手助けしてくれます。【@google】と入力して、しゃべり言葉で話しかければ、適切な内容を返答します。

ちなみに、スマートリプライとGoogleアシスタントを利用できるのは今のところ英語環境でのみ。
他言語への展開は「coming soon」という状況です。日本語版は近日サービス開始予定らしいです。



セキュリティも充実

Alloではセキュリティにも考慮されています。
Incognitoモードと呼ばれるシークレットモードでなされた会話は、メッセージがエンドツーエンドで暗号化され、通知のプライベート化や時間経過によるメッセージ自動消去などでプライバシーが保護されるといいます。
また、Googleアカウントとの接続は必須ではないものの、接続しておかなければGoogleアシスタントでカレンダーなどのユーザー情報に基づく情報が提供されなくなります。

最後に・・・

新しいメッセージアプリのAlloはいかがでしたでしょうか?
既存のサービスをずっと使い続けるのも良いと思いますが、変わる、変える事が新しい一歩に繋がっていくのだと思います。
新しい一歩を踏み出したい貴方は、早速ダウンロードの予約をしましょう。

google-allo-android-icon
Androidはコチラ
iOSはコチラ
スポンサードリンク