本当に久しぶりに、自分自身欲しいと思えるPCに出会えました。

本日のおすすめはゲーミングデバイスで有名な、シンガポールを拠点としているRAZERより発売されたRazer Blade Stealthの開封の議を行いたいと思います。

国内で発売されたのは5月ですが、発表は今年1月のCES 2016で行われ国内販売を心待ちにしていました。

国内販売されてからも、買おうかどうか散々迷いましたが先日思い切って買ってしまいました。

特徴としては、USB C接続による外付けGPUの存在でしょう。

Razer Coreと呼ばれる商品は、デスクトップ用GPUを使えるなんとも素晴らしいアイテムです。

現時点で、国内販売されておりませんが発売されたら確実に購入するでしょう。

現時点で持ち歩きで使用しているPCはSURFACE PRO3です。当日20万くらいでi7の512GBの最上位スペックを購入しましたが、タブレットとして使うことは全くなく2in1である必要性も感じなくなっていたので、良いPCがあれば欲しかったんです。

appleも正直革新性は消えてなくなり、最後に買ったのはMac Book Pro 15インチでアップルは卒業しました。スマホもiPhone 6で卒業しました。唯一残っているのが、iTunesのアカウントとmac.comのアドレスだけは消せずに残っています。周りを見渡すと、スタバでMac Book airやiPhoneが溢れているのでスマホも今やblackberry PRIVを使っています。

ありふれた製品では満足できない体なのです。

Razer Blade Stealthの良いところは、店頭販売は一切行われていないので、知っている人が少ない、ネット販売のみなので、スペック見合いで見ると価格が安い、余計なアプリが一切入っていない。

正に理想に一番近いPCでした。

それでは、早速開封の儀を始めます。

トップ画像は開封前になります。

箱を開けるとこんな状態です。

奥が本体の箱で手前がアダプターなどの箱になります。

手前の箱を開くとアダプターが出てきます。

その下に海外用のケーブルが入っていました。国内用のケーブルは箱の外に付いてきていました。

本体のケースになります。

開くとこんな形で本体お目見えです。

形はMac Book airににていますね。

本体の下には説明書が入っていました。

本体 前

本体 裏

本体 右側

USB 3.0 HDMIの端子があります。

本体 左側

USB C USB 3.0 ステレオピンジャックの端子があります。

最後に今回購入したスペックは、
CPUはSkylake世代のIntel Core i7-6500U
メモリはデュアルチャンネルの8GB
ストレージはPCIe接続に対応したM.2 256GBSSD
ディスプレイは4K
キーボードはUS配列

普通のPCじゃあ満足できない方は、ぜひ検討してみて下さい。
より詳細が知りたい方はコチラ

スポンサードリンク