始めに・・・

筆者は、断然トラックボール派になります。
正直マウスを最後に購入したのは、15年位前になります。
なぜ、マウスが主流なのにトラックボールを使っているのかというと・・・
① マウスと違い、置いた場所から動かない事
② マウスと違い、細かい動きが可能な事
③ クリックボタンがマウスより大きい事
④ マウスよりデザインがシンプルで美しい事
以上が、マウスではなくトラックボールをこよなく愛してやまない理由になります。
コレまで購入したトラックボールの数々をご紹介したいと思います。

1台目 ExpertMouse 5

Trackball-Kensington-ExpertMouse5

コレが一番最初に購入したトラックボールになります。
メーカーはKensington(ケンジントン)から発売されたExpertMouse 5(トラックボールなのにマウスなんです。)です。
この当時のトラックボールは、今主流の光学式ではなくボール式でポインタを動かしていました。
つまり、現在のものと比べて操作感覚が多少重かったです。
当時このボールの大きさが、ビリヤードの球と同じ大きさと言うのが話題になっていました。
現行のOSでは、使えなくなってしまったのでなくなくさようならしました。

2台目 Expert Mouse Optical Trackball

mbank271202_w1400_h1400

2台目に購入したのも同じくケンジントンより新発売されたExpert Mouse Optical Trackballになります。
前作からの変更点としては、ボール式から光学式に変更された事と、ホイールができる様になった事ですね。
また、ドライバに付属しているソフトでボタンに割り当て出来る内容が増えたのが非常に使いやすかったです。
同梱されていたアームレストも中々良かったですね。
ケンジントンのトラックボールは、発売期間が長いのも特徴です。
因みにコチラは現在でも購入が可能になっています。
保証期間5年あるので、長く使い方には自信を持っておすすめできます。

3台目 SlimBlade™ Trackball

mbank270321_560_560

現在利用中のトラックボールであるケンジントンのSlimBlade™ Trackballです。
これは、自宅用と会社用で2台利用中です。
Expert Mouse Optical Trackballからの変更点は、まず見た目のデザインが大幅に変わりました。
コレまであったホイールが見た目上無くなりました。
ホイール操作は、ボールをひねって回すアクションに変わりました。
このひねって回す操作が回すときにカリカリ音が鳴るので小気味よいアクションになっています。
コチラも5年保証を謳っていますが、自分は一度も壊れていません。
長時間使っても疲れないですし、机の場所が狭くても本体がおけさえすれば使えるので非常に便利です。
正直いま、マウスを使うと操作しづらくて辛いです。
コチラの商品も現在購入可能です。

最後に・・・

現在購入可能な商品は以下にまとめて起きましたので、マウスから卒業を考えている方は歓迎します。


Expert Mouse Optical Trackball


SlimBlade™ Trackball

 


スポンサードリンク