おはようございます。
そろそろ9月1日の関東大震災が近づいてきたので、もしも災害が起きたときの電力供給方法を準備しておきたいと思います。
我が家の対策は、こちらです。

対策1

RAVPower 折りたたみ式 大容量 24W 3ポート ソーラーパネルです。
天気さえ良ければモバイルバッテリーの充電が行えます。
災害時に困るのは、明かりがなくなってしまうことと、お湯が沸かせない事です。
まぁ本当の最悪は、火をおこす方法もありますがそれは最終手段と言うことで、ソーラーパネルを自宅に配備してあります。

IMG_20160816_2130467IMG_20160816_2131218IMG_20160816_2132502

この様に広げて使ったり、バックパックにつければ移動しながらの充電も可能になります。

IMG_20160816_2133265

USBのタイプAポートが3口付いているので、mobileバッテリーを充電しながらスマホの充電も行えます。

 

対策2

 

せっかくのソーラーパネルも溜めておけるバッテリーがなければお話しになりません。
そこで我が家では・・・
驚愕の容量である36000mahを誇るMAXOAKの超大容量mobileバッテリーが我が家に配備されております。
配備の理由は、カートリッジガスが切れた場合最悪電気でお湯を沸かす目的と、スマホの充電やLED懐中電灯の充電などを行う為に配備しました。
IMG_20160816_2136403 IMG_20160816_2137246

ポートは、USBタイプA2口とUSBタイプCが1口になります。

IMG_20160816_2137382

36000mAhの印刷が誇らしげです。

 

最後に・・・

今回ご紹介した商品は、アマゾンで購入可能です。
日常では必要無いと思いますが、もしもの際に手元にあったことを感謝するときが来ると思います。

 


RAVPower 折りたたみ式 大容量 24W 3ポート ソーラーパネル

MAXOAK 36000mAh USB-C TypeC 超大容量モバイルバッテリー

 

 
スポンサードリンク