これまで所有したPC

それでは、PC編を進めたいと思います。
前半では、エプソン286VGを購入した所で終わっていたと思いますが、その後しばらくはガシェットから離れていました。
その間、市場ではwindows3.1やwindows95等が発売されて賑わっていました。
次に自分がパソコンを購入したのは、windows98が発売された1998年の事でした。

5台目 富士通ビブロMF
10-5b

富士通から発売したB5ノートパソコンを当時30万くらいで購入しました。

6台目 東芝 リブレットL5
toshi1_1

東芝のリブレットL5です。今は無きトランスメタのクルーソー搭載のPCでした。
いつも持ち歩いていましたね。

7台目 DynaBook タブレットPC

mk_dbr10

東芝から発売のwindowsXPのタブレットPCです。
当時これも高く30万くらいしました。その後windowsXP tabletエディション2005へ無料アップデートしてもらいました。そういえば今はどこにあるのか分かりません。




8台目 POWER BOOK G4

L13684521

最後のPOWER PCになったPOWER BOOK G4です。
OSは10.3のPantherだったと思います。
今や無くなったファイヤーワイヤーが懐かしい。
10.4へアップデートし、最終的には10.5レパードまでアップデートして使いました。
これは、今も自宅のどこかにあります。
当時契約した.macのアドレスは今でも使っています。

9台目 Mac book
apple1_1

アップル初のインテルcore duo搭載モデルでした。
久しぶりに黒がでたので、ついつい買ってしまいました。

10台目 iMac 27inchi
iMac-27インチ-3.06GHz-Core-2-Duo-A1312

本当に久しぶりのデスクトップです。
27インチで解像度も2Kで当時としてはものすごく広いデスクトップ環境でした。
最終的に壊れて廃棄しました。

11台目 Mac book Air
300px-MacBook_Air_black

始めた見たその時から惚れてしまい、発売日に即購入した初代Macbook airは30万位しましたね。
封筒から取り出されたその姿にやられた人はかなり多かったはず。

12台目 Mac book Air 11inchi
ht_aa01

お値段がグーンと現実味を帯びて登場したのが2台目Mac book air 11インチと13インチモデルでした。
自分は11インチモデルを購入しました。

13台目 Mac book Pro 17inchi
10127475646

airは軽くて良かったのですが、やはりパワーが足りませんでした。
そして出歩くことが減ったので、選ばれたのはジョブズノートこと、17インチのMac book proでした。
容量がノートなのに768GBあったので本当の意味でメインマシンになりました。
しかしながら持ち歩く気にはなりませんでした。

14台目 Mac book Pro 15inchi
FigA

自分にとっての最後のMacとなったMac book pro 15インチです。
カスタマイズして、最高構成で購入したため未だに現役で最新OSXも動いてくれます。
しかし、この頃からアップルに対する熱が日増しに冷めていき卒業に至りました。

15台目 Surface Pro
index

アップルから卒業して次に選んだのは、マイクロソフトのSURFACE PROです。
タブレットとして使えるし、キーボートも中々おしゃれでした。
今では、自宅のローラー台の目の前で活躍してくれています。

16台目 Surface Pro3
Surface-PDP-128GB-MQ2-00004-P5

SURFACE PRO発売から2年が過ぎPRO3が発売され末した。
画面が16:9から4:3に変わりタブレットとしての使い心地やペンの使い勝手が向上しましたが、やはりWindowsをタブレットとして使うのには無理があるように判じます。
何より、各種アプリケーションが、タブレット用に設計されていないのが一番の要因だと思います。
PRO3は現在Windows10へアップデート済みです。
現役稼働中

17台目 RAZER Blade Stealth
17_s

今現在まさにコレでブログを入力しています。
RAZER Blade Stealth です。
解像度もついに4Kまできました。
一番最初のPCは400×200だったので、単純に20年で解像度10倍と言うことですね。
早くRAZER COREが発売になるのを楽しみに待っています。

なんと無く、他にも購入した記憶がおぼろげにあるのですが、思い出せないので一旦こういうことにしておきます。
次回は、所有したケータイ電話の歴史をお送り致します。

スポンサードリンク