始めに・・・

これまで、使ったイヤホンやヘッドフォンは正直いくつ購入したか分からないです。
一応このブログにも過去の履歴を乗せてありますが、記憶に残っている物のみとなっています。
過去は正直にいって音質史上主義者だった筆者ですが、近年は音質よりも利便性が勝っていると思われます。
これまでのデジタルガシェットの歴史(ヘッドフォン、イヤフォン編)

今日は、あれだけ音質に拘りアンプやプレーヤーやハイレゾ等の音源に資金をつぎ込んだ筆者が、利便性重視になったのかをお答えしたいと思います。

良い音で視聴するために必要な事とは・・・

基本的に、音はアンプが作り出しています。
自宅の環境であればまず、アンプが良くないと話にならないし、モバイル用途であれば、より良いアンプが内蔵されているプレーヤーがなければどんなに良い設備があっても良い音にはたどり着けないでしょう。
アンプやプレーヤーが良い物でも、スピーカーや配線、付帯する装備品も自然と高価なもので揃える必要になるでしょう。
自宅であれば1つの目安としては100万くらい(もちろん上には上がいます。)が1つの目安になるでしょう。
モバイル用とであれば、プレーヤーとヘッドフォンで50万が1つの目安になると思います。
しかしながら、ハードウェアを良い物を揃えたとしても、どうしようもない問題がもう一つあります。
それは・・・
楽曲の音源です。
自身の聴きたい曲の音源が、適切な環境でレコーディングされていない限り、その場の空気感やヴォーカルの息づかいや弦の音などが再生されること無いと思います。
筆者が直面した問題が正にココであり上質な音源が聴きたい曲で集めることが不可能だったため良い音を諦めることにしました。
今では、ハイレゾのダウンロードが出来るサービスがいくつか提供されていますが、単純にCD音源をハイレゾに変換しただけでは良い音にはなれません。
また、古い楽曲などのDSD音源もレコーディング環境が良い物が筆者が聴きたい曲では非常に少なく、また探すのにも非常に時間が掛かるため諦めました。
結論ハードはお金を出せば購入可能ですが、音源だけは手に入らないので、それならばそこそこの音で便利に使えた方が良いと考えを改めまして現在に至ります。
良い音は、全てがそろわない限り達成出来ないものなのです。

そうは、いってもお気に入りのヘッドフォンは何ですか?

ULTRASONEウルトラゾーン 密閉ダイナミック型ヘッドフォン  EDITION 8エディション8 ゾネ ゾネホン EDITION8
ゼンハイザー カナル型イヤホン イヤーモニタータイプ イヤホン カナル IE800 (並行輸入品)
Sol Republic AMPS AIRフルワイヤレスイヤホン Bluetooth ゴールド SOL AMPS AIR GLD 【国内正規品】

スポンサードリンク