昨日amazon.comから国内未発売のMarshall Ⅱ Bluetoothが到着しました。
ご存じない方のために・・・

Marshallとは・・・

Marshall のその重厚なサウンドは50 年間に渡り世界中を熱狂させてきました。息つく暇もなく働くコンサート・スタッフたち、そして彼らを乗せたツアートラックが世界中を駆け巡り、Marshall の音を世界中に響かせてきたのです。Marshall のヘッドフォンには、その経験から得た他者の追随を許さない膨大な英知が注ぎこまれています。そして、Marshall 本来の象徴的なルックスがにじみ出るように、見た目の美しさにはどこまでもこだわり最大限の努力を重ねました。さあ、今度はあなた自身がこの素晴らしいRock’N’Roll マシンを手に世界に飛び出してください。

それでは、開封の儀を初めて行きたいと思います。

外箱

IMG_20160824_2142116

表面です。

IMG_20160824_2142390

箱の裏面です。

オープン ザ ハコ

IMG_20160824_2144036

Major Ⅱ本体と、充電用マイクロUSBケーブルと、有線接続用のステレオケーブルの3点が入っていました。

IMG_20160824_2145416

ハコのそこには、説明書とユーザー登録の紙が入っていました。

ペアリング偏

早速本体を取り出してペアリングを行いました。
Screenshot_20160824-214907

ペアリング作業は、普通のBluetooth機器の接続となんら変わりません。
Marshall Major Ⅱをペアリングモードにして、通常通りAndroidのBluetoothの設定からあっさり接続完了。

外観比較

IMG_20160825_1448021

左からMarshall  MajorⅡ、JBLS400BT、SENNHEISER  URBANITE XL WIRELESSです。

IMG_20160825_1448369

折りたたみ状態です。
やはりサイズ的には、Marshallが一番小さいですね。

音質偏(個人の見解です。)

聞き比べた曲は、

藍井エイルの翼です。
プレイヤーはgoogle PLAY Music アプリです。
特に設定はいじらずフラットな状態です。

Marshall  MajorⅡ Bluetooth

1つ1つの音を認識できる感じ。
低音は低音、ボーカルの声と中音、高音といった感じで、キチンと分けて再生されている感じがします。
なので、1つの音を聞こうとすると、キチンと聞けます。

JBLS400BT

低音が一番力強いので低音が好きな方にはおすすめできます。
低音が力強い分他のヘッドフォンに比べ中音と高音は混ざって聞こえがちです。


SENNHEISER  URBANITE XL WIRELESS

非常に聞きやすく疲れにくいと言うのが第一印象です。
低音、中音、高音のバランスがとれており疲れない。
ジャンルを問わず色んな曲を聴くのに適している感じです。

まとめ

低音好きは、JBLS400BTがおすすめ
色んな曲を聴きたい方は、SENNHEISER  URBANITE XL WIRELESSがおすすめ
ヴォーカルの声などをキレイに聞きたい方は、Marshall  MajorⅡ Bluetoothがおすすめ

全機種Bluetooth4.0対応のヘッドフォンなので、長時間再生と、通話も出来ます。
唯一出来ないのは、Bluetoothのため音ゲーは出来ないですよ。
再生にラグが出るので、音ゲーはタイミングが合わせられません。


 
スポンサードリンク